小心ズ-SHOSHINZ-

TOP
プロフィール
出演スケジュール
映写室
日記
あゆみ
リンク
ポスト
レビュー
A Day in the Life of Miss Hiccup

小心ズ

プロフィール

ヤノミ・アオ ヤノミ (Yanomi)
体の80%はビール。
好物:エビ・プラム・ブラックチェリー
特技:泣きまね
弱点:握力が弱い
口癖:びしゃびしゃ
小心っぷり:本番前にはゲロ吐きそうになります。

大分県出身。
流山児★事務所での演劇活動を経て2005年に小心ズ結成。
劇場という枠にとらわれないボーダレスな活動を目指し、小心ズの
作・演出・プロデュースを手掛ける。
独特の愛嬌あるガラの悪さで、常に人々にサプライズと希望を与える。
リズム感と熱い情熱で世界をつなげるパフォーマー。

彼女のことはひとことで表すことができる。
好き者である。
時間も場所も相手すら選ぶことを知らない。
知ったこっちゃない。
パフォーマーというスタイルをとるいたずら好きのテロリスト。
情熱の革命家である。
“I love you”に明治時代の文豪、二葉亭四迷が当てた訳語は「死んでもいい」だが、彼女のとる行動全てはこの言葉に集約される。

(文/陽蔵)

小心ズ(しょうしんず)

コメディパフォーマンスユニット。
2005年にヤノミとクロナツのデュオとして結成。
「小心者=些細なことにもビビッドに心ふるわせる、感受性と想像力ゆたかな愛すべき人々」をコンセプトに、劇場演劇という枠を超える自由で大胆なショーを追求し、ライブハウス・劇場・クラブ・路上・お祭りなど幅広い場で意欲的に活動。
国内外の多様なジャンルのアーティスト、地元の人々とのつながりも着実に育みつつ、広がりのある豊かな交流をつづけている。

無言劇をベースに、スキャットによる歌と踊り、小道具と効果音を使った身体表現によってシーンを創り出す。ことばを使わずに、細やかな表情やしぐさ、そして圧倒的な生命力をもって紡がれる物語は、ユーモラスかつ美しい生身のファンタジーとして、あらゆる世代と人種を超えて人々に笑いと驚きと感動を与える。

2007年より海外での活動も本格的にスタート。
2009年には5週間にわたるアメリカ西海岸ツアーを成功させ、シアトル、サンフランシスコ、ロサンゼルスなど7都市において満場のスタンディングオベーションを受けるなど高い評価を得る。
2010年にソロとして再出発し、シンガポール、アメリカ、カナダへの4ヶ月半にわたる長期海外ツアーを敢行。フリンジ・フェスティバル(演劇祭)を主とした3カ国11都市にわたるこのツアーにおいて5つのアワードを受賞したほか、各都市の観客およびメディアから絶大な支持を受ける。
2012年にはアメリカ・ワシントンDCにおいてキャピタル・フリンジに初参加し、全米二大紙であるワシントン・ポスト紙から絶賛されたほか、ソールドアウト、追加公演、スタンディングオベーションを受け、同フェスティバルで最も名誉ある「ディレクターズ・アワード」を受賞し、翌年のフェスティバルに招待される。

また2011年には新ユニット『おさらスープ』の活動もスタート。
ヤノミ作・演出による『My Exploding Family』で北米ツアーを行い、モントリオール・フリンジの最高賞である最優秀演劇賞を含む計5つのアワードを受賞している。

【受賞歴】
★Director’s Award –Capital Fringe 2012
★ Best of Fest–WinnipegFringe 2010
★ Spirit ofFringe –VancouverFringe 2010
★ Talk ofFringe –VancouverFringe 2010
★ Fringe Crush–OrlandoFringe 2010
★ Best Make-Up& Costume –OrlandoFringe 2010


Biography

Shoshinz started performing in 2005. All shows are produced by Yanomi, who is a theater actress in Japan.
Yanomi was a member of the Ryuzanji Company, a performance troupe which has created a wide variety of theater works that have been performed in Japan as well as in such countries as Canada, Russia, Iran, and many other Asian countries.
She utilized her vast theater experience and formed Shoshinz, with her theater partner Kuronatsu, and together they started out at a small bar in Tokyo.
Yanomi has a strong desire to cross over genres, and has therefore created a truly unique show which has a fearless mix of bizarre antics. She performed with her partner tirelessly at bars, live music venues, club events, parties, schools, theaters, and also on the street. And now after four-and-a-half years, she has embarked on a solo career.

Regardless of age or sex or nationality, audience members are always pleasantly surprised and delighted when they watch Yanomi's show. And most people come away from it unable to find the words to describe exactly what they have seen!

Shoshinz performed at The Montreal Fringe Festival 2007 and 2008, where many of their shows were standing-room only. They were a huge hit in their first U.S. tour (which included the cities of Portland, Seattle, Bellingham, Sacramento, San Francisco, Nevada City, and Los Angeles, and was produced by Andrew Connor) in 2009.

Shoshinz spent five months touring the United States and Canada in the summer of 2010, receiving rave reviews and standing ovations from Orlando, Florida to Vancouver, Canada, and everywhere in between. At every stop Shoshinz was greeted with deep enthusiasm for her explosive energy and radical performance innovations.
The latest Shoshinz piece, 'A Day in the Life of Miss Hiccup', won awards across the continent, including 'Best of Fest' at The Winnipeg Fringe, 'Spirit of the Fringe' and 'Talk of the Fringe' at The Vancouver Fringe, and the 'Best Make-up and Costuming Award' at The Orlando Fringe.

Show Description

"A Day in the Life of Miss Hiccup"
The mysterious Miss Hiccup lives alone,
but is definitely not lonely. She is forever
accompanied by a raucous cast of sounds
and music that make her life an absurd
adventure.

ミスしゃっくりの幸せな一日
おさらスープ
YOU TUBE shoshinz
Yanomi SHOSHINZさんのFacebookプロフィール
inserted by FC2 system